カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

札幌大通り公園 桜満開♪

『北海道グルメ彩都』へのご来店、スタッフ日記のご購読、
ありがとうございます。

5/2(土)、東西に続く大通り公園に、桜が満開となりました♪
とっても綺麗に咲いています(^^)

とっても綺麗に咲いています♪

花壇の花々や、桜にかこまれていると思わず
札幌の中心部にいることを忘れてしまいます。


満開♪

満開♪

満開♪

公園内の花壇は初夏の花でいっぱいです。

気温も上がり、公園の散歩はとても気持ちがよいです。

綺麗な花で心も和みます。

綺麗な花で心も和みます。


春といえば、『北海道グルメ彩都』でも、初夏に向けて、いち早く
旬の野菜のご予約承りを開始いたしました!
【岩内産 新鮮アスパラ】
シャキシャキの食感と、甘い初夏の味わいを是非一度ご賞味下さい♪
初夏の味!北海道自慢の「岩内産
★期間限定★『岩内産 新鮮アスパラ』




その他にも、北海道の厳選グルメをご用意いたしております!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
厳選グルメを産地直送!
『北海道グルメ彩都』
2009-05-02


北海道の春♪

『北海道グルメ彩都』へのご来店、スタッフ日記のご購読、
ありがとうございます。

北海道も少しずつ暖かくなり、春の気配を感じる
今日このごろです。

先日、散歩中に“春の使者”を発見しました♪

「ふきのとう」です♪

ふっくら、ふんわりと春を感じます♪
ふんわりと芽を出しているのをみると、春の訪れを感じます♪


福寿草(フクジュソウ)を見つけました!
黄色く、とっても綺麗に咲いております♪
黄色い花がとても綺麗に咲いております♪

その他にも、白くて小さな花を見つけました。
「ノースドロップ」雪の下からでもたくましく芽を出す、高山植物の一種です。
なんという花かわからなたったので、インターネットで調べてみると、
「スノードロップ」という花とのこと。
寒さに非常に強く雪の中でも気丈に純白の花を咲かせるそうです。
ヨーロッパでは古くから非常に親しまれている花で、カトリックの教会では
2月2日の「キャンドルマス(日本語で聖燭祭)」という行事で、
スノードロップを捧げる習わしがあるそうです。


春といえば、『北海道グルメ彩都』でも、初夏に向けて、いち早く
旬の野菜のご予約承りを開始いたしました!
【岩内産 新鮮アスパラ】
シャキシャキの食感と、甘い初夏の味わいを是非一度ご賞味下さい♪
初夏の味!北海道自慢の「岩内産
★期間限定★『岩内産 新鮮アスパラ』




その他にも、北海道の厳選グルメをご用意いたしております!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
厳選グルメを産地直送!
『北海道グルメ彩都』
2009-04-06


『第60回札幌雪まつり』

『北海道グルメ彩都』へのご来店、スタッフ日記のご購読、
ありがとうございます。

本日、2月5日(木)から、『第60回札幌雪まつり』が開催
されました(^^) 開催初日とあって、観光の方や、海外からの
お客様で、大通公園会場は、たくさんの人で賑わっていました。

今年も、大雪像の迫力に圧巻!何度見ても芸術的な技に感動します♪

まずは8丁目にある『浜松城』。細かなところまで、丁寧に彫刻されていて
雪で出来ているとは思えない程です。

芸術的な浜松城!

次は7丁目『崇礼門』です。
迫力満点の大きさに圧巻!
一般的には『南大門』の通称で知られ、大韓民国の国宝第1号に
指定されている重要文化財。残念ながら、2008年2月の放火により、
石造の門を除いた木造楼閣の大部分を焼失した事件は、記憶に新しく
思い出されます。


国民的建造物の他には、北海道らしい『北の動物家族像』。10丁目にございます。
迫力満点の大きさに圧巻!
フクロウと、鷲の親子の巨大雪像です。

ご家族でいらしている方が多い中、子供たちに大人気なのは
4丁目にそびえ立つ、あのキャラクター♪その完成度の高さには、ホント感激です!
本物そっくり!

ひときわ美しく、すきとおって見えるのは5丁目の“氷像”
『箱館(はこだて)奉行所庁舎』です。
ライトアップされて、とても幻想的♪
綺麗にライトアップされて、とっても幻想的♪
それにしても、舞台の上でのアトラクションは、とっても寒そうです。


11丁目、12丁目には、大雪像の他に、手造りの『市民雪像』が
かわいらしく並んでおります。
いろいろな種類の手造り雪像が並びます
色々なモチーフの雪像が並びます♪

今年の干支『丑』です。北海道を代表する動物でもあります。
11丁目市民雪像会場にて(^^)
いろいろな種類の手造り雪像が並びます



美しい雪像に、寒さを忘れるとはいいつつも、やはり
暖かいもののいい香りについついつられてしまいます♪
6丁目には、たくさんの食べ物屋さんが軒を連ねております。
おいしそうな香りが漂っています!<width= 大賑わい♪
ジンギスカンから、ラーメン、カニや、ホタテの魚介類まで、
“北海道中の美味しいもの”が、来場者の方のお腹とこころを満たします♪

“見る楽しみ”と、“食べる楽しみ”の両方で、会場はとっても賑わっておりました。



“北海道中の美味しいもの”...“食べる楽しみ”...といえば!


海鮮、魚介から、とろけるお肉、乳製品、スイーツまで、
北海道中の美味しいものを産地直送いたします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
厳選グルメを産地直送!
『北海道グルメ彩都』
2009-02-05


『札幌イルミネーション電車』

『北海道グルメ彩都』へのご来店、スタッフ日記のご購読、
ありがとうございます。

1月も中旬を過ぎ、いよいよ冬本番の札幌市内ですが
そんな寒さの中、『さっぽろイルミネーション電車』が
通る人の目をくぎずけにしております(^^)

まじかでみると、とっても明るい!width=

車両一両を一万個以上の発光ダイオード(LED)で飾った
“市民の足”は、約1ヶ月間の限定運行!
しかも、一日に数回しか運行しないため、停留所に停まると、
通り行く人は、その美しさに思わず見入ってしまいます。


札幌市電は、1090年(明治42年)「馬車鉄道」として、
札幌軟石の運搬用電車が運行されたことが始まりです。

その後、市民の足として旅客運行を開始し、全盛期には25km以上、
総車両数は154両もの電車が、札幌市内を駆け巡っていたそうです。

現在は、「すすきの」駅から、「西4丁目」駅までの約8kmの道のりを
沢山の札幌市民を乗せ、走っております♪

寒さ吹き飛ばす美しさ!width=

大通り公園のイルミネーションもとてもきれいでしたが
電飾で明るく飾られた電車が動いている姿は、また別物♪

思わず見入っていると、次の駅へ向かって颯爽と走り出して
行ってしまいましたっ。

遠くになってもとってもきれい!width=

この季節限定の風物詩に感激!しばらく眺めていましたが、
遠くになっても、とっても明るく光っていました!



“この季節”...“限定”...といえば!


当店自慢のこの季節限定の商品はコチラ↓

じっくり熟成『飯寿し』シリーズ
https://hgsite.net/SHOP/03003-0004.html



今が旬です!『北海道かに』

https://hgsite.net/SHOP/50936/list.html 『北海道グルメ彩都』
https://hgsite.net/
2009-01-20



『ササラ電車』出動!

『北海道グルメ彩都』へのご来店、スタッフ日記のご購読、
ありがとうございます。

2/21(土)、この週末、札幌市内は猛吹雪(もうふぶき)にみまわれました。
あちらこちらで、自動車が立ち往生したり、傘がひっくり返ったり、
それはもう、地元“どさんこ”も、出歩くのを躊躇するほどの大雪でした。

そんな猛吹雪の中、路面電車の線路を除雪する『ササラ電車』が、たくましく
線路の上の雪を跳ね飛ばしておりました(^^)


『ササラ電車』とは、札幌市内を運行している、路面電車の線路を除雪する
除雪用の電車です。

「ササラ」とは車体前面に取り付けられた竹製の筒状のほうきのようなもの。
これが回転して軌道上の雪を、ちから強く跳ね除けるのです!

どんな猛吹雪にも負けない、『ササラ電車』!たくましい!

線路の上に積もった雪をそのままにしておくと、夜には圧雪状態になりレールを
埋めてしまい、電車が走れなくなります。なので、雪が降り始めの「新雪の状態」の
うちに掃き飛ばさなくてはならないため、雪が降っているときはもちろん、降らない
夜間にも出動しているのです!


“ササラ”とは、孟宗竹(もうそうちく、もうそうだけ)を材料とし、山口県阿武郡
福栄村で、農閑期に農家の主婦の方たちが2ヶ月間かかって作り上げます。
長さ28.5cm、直径3.5cmの円筒形。竹の先は約150本に割かれ、
それぞれ3mm角の太さに統一されており、根元は3箇所で太さ1.2mmの針金で
四重に巻かれているそうです。この規格は90年も前に考案されてから、ほぼ昔のままだ
とのこと。
市民の強い味方!『ササラ』電車


まじかで見ると、とても大きくて、迫力満点でした!
この“ササラ”が、くるくる回って雪をはね除けるのです!

『ササラ電車』は、札幌では4両が運行しているそうで、4両の年間走行距離は合計
約7,000km。これは札幌から神戸まで2往復するのとほぼ同じ!ササラは、
雪質にもよりますが、700kmから800kmの走行に耐えられ、一冬2〜3回取り
替えなければならないため、全部で7〜8,000束のササラを消費するそうです。
ちから強く線路の上の雪を跳ね飛ばす『ササラ電車』

この日は、大雪のため路面電車もダイヤが乱れ、電車とササラ電車の行列が出来るほど。
緑の電車の奥に見えるのが、『ササラ電車』です。
大雪のため、渋滞しております


もっと近くで、見てみたくなり、停車駅でまっていると....やってまいりました♪
ちから強くてカッコいい!!
近くでみると、大迫力!

運転手さんが、カメラを持つ私に気づいてくれて、キメのポーズをパチリ♪
近くでみると、大迫力!


大雪の日に、どんな雪もちから強く吹き飛ばし、大活躍の『ササラ電車』♪
たくましい勇姿で、颯爽と走って行きました♪



外がこんな大雪の日には、お家の中で美味し〜いご馳走で、心も身体も
暖まりたいものです♪

心も身体も幸せに暖まる北海道グルメはコチラ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
厳選グルメを産地直送!
<><>『北海道グルメ彩都』

2009-02-23

根室の珍味『たらとば』で晩酌♪

『北海道グルメ彩都』へのご来店、スタッフ日記のご購読、
ありがとうございます。

暦の上では春といえど、北海道はまだまだ寒い日が続きます。
外はとても寒いのに、家の中ではそんなに厚着をしなくとも、
暖かくすごせるのが、北海道のお家です。

寒い冬を快適に過ごすために、北海道の家造りは断熱材が沢山
使われているのです(^^)

ビールは夏の暑い時期が美味しいもの!北海道の冬には似合わないのでは?と
お考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

北海道では冬でも自宅の中は暖かいので、ビールも美味しくいただけます♪

ということで、おつまみを用意して晩酌タイム♪

のどがゴクリとなりそうです!

用意したのは、“根室のたらとば”♪柔らかく、ほど良い歯応えのある
オホーツクの珍味です。

袋から取り出して皮を剥いているときに、「ゴクリ」とノドがなりそうでしたっ。

この“たらとば”お酒にとっても合うんです!ビールはもちろん、日本酒や
焼酎などにもぴったり!

もちろん、お酒のおともだけでなく、お茶うけにも相性が良いので
お父さんだけでなく、お母さんやお子様のおやつにも人気です♪

ついつい手が出る美味しさです!
食べだしたら、ついつい手が出て止らなくなってしまいます♪


マヨネーズと一味に、お醤油を少し垂らしていただくのが“どさんこ流”(^^)
お酒のおつまみに最高です!

マヨネーズをこぼさないようにパクリと口に運びます♪風味を確かめるように
ひと噛み、ふた噛み....美味いっ!そしてビールを流し込みますっ!

至福のひと時です♪(^^)


『たらとば』は、新鮮なオホーツク産の“鱈(タラ)”を独自の味付けで
乾燥させた風味豊かな味わいの、北海道を代表する珍味の一つです。

私の父も、よく晩酌に『たらとば』を喜んで食べていたのを思い出します。

おつまみが進むと、お酒も、会話もはずみます♪お皿の『たらとば』も、
グラスの中のビールもすっかりカラッポになりました(^^)

この『たらとば』、当店人気商品の一つで、北海道内のお客様はもとより
全国のお客様からご好評を頂いております。

まだ、お召し上がりになられていないお客様は、ぜひ一度ご賞味下さいませ。

冷凍でも保存可能で大変便利なビニールパッケージで産地から直送です!
この包装の中にオホーツク海の風味が詰まっています!
大変便利なビニールパッケージ。この包装の中にオホーツクの風味を閉じ込めました!
『根室 高級珍味 たらとば』




その他にも、北海道の厳選グルメをご用意いたしております!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
厳選グルメを産地直送!
『北海道グルメ彩都』
2009-03-14


“美味しいたらこ”の町 『古平町』へ!

『北海道グルメ彩都』へのご来店、スタッフ日記のご購読、
ありがとうございます。

今回は新商品の探索に『古平町(ふるびらちょう)』へ行って
まいりました!
古平といえば“たらこ”で有名な港町です。

札幌から車で約2時間。海岸沿いのとても気持ちの良い
道のりが続きます。

いざ古平へ! 古平 たらこ


『古平町』は、江戸時代初期より、ニシン漁で栄えた町とのこと。
明治に入って開拓使出張所が置かれるなど、東積丹地域の中心地として
現在でも漁業、水産加工で栄えております。



今回は、水産加工会社さんを訪問してまいりました!古平町自慢の“たらこ”の
加工工場見学です!

まずは、たらこの熟成室。秘伝の技で味付けされた美味しそうなたらこが
熟成室いっぱいに並んでおります!
古平 たらこ


じっくり熟成されて“美味しいたらこ”になったところで、次の作業場へ。
仕分け工程です。全て手作業で、とても丁寧にたらこを選別。
古平 たらこ♪ 古平 たらこ♪



丁寧に選別された“たらこ”をひとつひとつ箱詰めしていきます。
古平 たらこ♪

出荷準備完了!
古平 たらこ♪




今回見学した“たらこ”は近日中に当店で発売することが決定!
発売を楽しみにお待ち下さい!




北海道グルメ彩都
↓↓↓↓↓↓↓↓
厳選グルメを産地直送!
『北海道グルメ彩都』
2009-07-18


絶景の「羊蹄山」真狩村♪

『北海道グルメ彩都』へのご来店、スタッフ日記のご購読、
ありがとうございます。

このところ、夏らしい天気がつづいております、北海道。
気持のよい天気の中、トマト、じゃがいも、とうもろこしの
生産者さん「小林ファーム」さんの畑へお伺いしてまいりました。

札幌から2時間弱の道のりの「真狩村(マッカリムラ)」へいざ出発!


途中、“蝦夷富士(エゾフジ)”の愛称で親しまれている、
「羊蹄山(ヨウテイザン)」がとても奇麗に見えました!
未だ、残雪がちらほら見えます。

絶景の羊蹄山!


お昼前に到着し、早速畑とビニールハウスを拝見♪
ハウスの中では、今シーズンのトマトが既に
1mほどに立派に成長しておりました
真狩産トマト♪
ハウスの中は、とにかく暑かったですっ!

5cmから7cmほどのとまとの実が、数珠生りに元気に
育っております♪
真狩産トマト♪
真っ赤に完熟するまで、ビニールハウスの中で大切に育てられるのです!


畑のほうでは、今年から販売を開始する予定の「ゆり根」の苗が
30cm〜40cmほどに成長しておりました。
ゆり根
背景に見えるのは、羊蹄山です♪



「真狩村」は、じゃがいもやトマト、トウモロコシの生産地として
北海道内でも有名です。


真狩村の中心街から、羊蹄山へまっすぐに続く道。
迫力と美しさに、絶景の一言です!
ゆり根


生産者さんのところへお邪魔するたびに、「北海道に生まれて
本当によかった」と思います♪




北海道グルメ彩都
↓↓↓↓↓↓↓↓
厳選グルメを産地直送!
『北海道グルメ彩都』
2009-06-29


新商品発掘の旅♪夕張紅葉山「小野農園」

『北海道グルメ彩都』へのご来店、スタッフ日記のご購読、
ありがとうございます。

北海道もすっかり暖かくなり、気持のいい日が続く毎日です。

5/20(水)、当店の新しい商品の発掘に紹介していただいた
夕張の生産者さんのところへお邪魔しました。

夕張紅葉山産“小野メロン”小野農園さんです。
ちょうど今シーズンの新しい看板が納屋に到着しておりました。

夕張♪


夕張市は北海道のほぼ中央、空知地方の南部に位置し、
山や丘陵に囲まれた地形が特徴の街です。

夕張は“石炭の街”として全国的にも有名です。

明治21年(1888年)、地質研究者が志幌加別川の上流で
石炭の大露頭を発見したことから「炭鉱の街夕張」の歴史が
始まったそうです。

炭鉱開始以来、炭鉱の街として栄え、現在にいたるとのことです。


北海道の雄大な道のり♪
通称「紅葉山街道」の先に素晴らしい環境の夕張市があります。


午前中のうちに農園へ到着。いろいろお話を伺ったあとに
ビニールハウスの中を見学させていただきました。
夕張♪


既に小さなメロンの実があちらこちらに見受けられました。
夕張♪
身の下にある白いシートは、メロンの実が傷まないよう、
全てのメロンに敷いてあるそうです。

この小さなメロン、痛んでしまったものは、農園の皆さんの
ご飯のおかずになるというのです。???

おたずねしてみると、まだ、甘さのない“ウリ”のような
ものなので、漬物にして召し上がるとのことなのです!
実際に見せていただき、一口ごちそうになってしまいました♪
美味♪

この小さなメロンが、網目模様の甘〜い“小野メロン”になるまで
1ヶ月と少し。当店でも6月初旬から、ご予約受付を開始する予定です。

メロン


帰り道に、高台にある橋の上から農園を眺めました。夕張川と周りの山々に
思わず見入ってしまうほど、気持の良い景色でした。
夕張川と農園




北海道グルメ彩都
↓↓↓↓↓↓↓↓
厳選グルメを産地直送!
『北海道グルメ彩都』
2009-05-20


ページトップへ